iPhone SE2はiPhone 8風デザイン、レッドカラーも登場?

20191017-iphone-se2-design-like-iphone-8-w1280

はてさて、どんなプロダクトになるのやら…

ここのところ噂の絶えない、「iPhone SE2(iPhone SE後継機)」。そんなiPhone SEの最新情報として、iPhone 8風のデザインになるとの情報が伝わっています。

実績あるアナリストことミンチー・クオ氏によると、iPhone SE2のデザインはiPhone 8と非常に似たものになります。一方で、プロセッサはA13でRAMは3GBと最新スペックに。また64GBと128GBのストレージオプションが用意され、本体色はシルバー/スペース・グレー/レッドの3色になるというのです。

一方、iPhone 8に搭載されていた感圧式ディスプレイこと「3D Touch」は搭載されず。最新のiPhone 11シリーズでも3D Touchは省略されていましたが、やはりOS機能の統一やコストなどの関係で、3D Touchは廃止される運命なのかもしれません。


個人的にはiPhone SEのような角張ったデザインが好きなのですが、もしディスプレイサイズも大きくなるのだとすれば、丸みを帯びたiPhone 8風デザインのほうが持ちやすいのかもしれません。お求めやすいiPhoneがとうとう復活するのか、来年のAppleの動きに注目したいですね。

この記事へのコメント